トップメッセージ

100年企業の主役を目指して

代表取締役社長

小坪 奉文

皆さんにとって身近なものを取り扱っている会社


皆さん、こんにちは。
ケーオーデンタル株式会社代表取締役社長の小坪奉文(こつぼ ともゆき)です。

学生の皆さんは、これまでケーオーデンタルという社名をお聞きになった事はないと思います。ケーオーデンタルの主たるお客さまは歯科の先生で、皆さんの目に触れる形では当社が取り扱う商品やサービスを提供していないので当たり前の事と思います。しかし、皆さんもこれまでに一度は歯科の治療に掛かった事がありますよね。実は、独特な形状をした歯科診療台、高音を発するドリル、口の中に入れる様々な道具類、歯科専用のレントゲンなどなど、それら全てが当社の取扱商品なのです。ケーオーデンタルは皆さんにとってとても身近なものを取り扱っている会社だと思います。


歯科医療業界で確固たる地位を確立


さて、当社が杉並の地に創業して今年で65周年を迎えました。当社は小坪清彦が1952年に自転車一台で始め、実兄である完が創業した歯科技工物の製造会社、株式会社杏友会とともに、国民の歯科医療発展に貢献するという大きな目標に向けて事業を行って参りました。私は創業者の高い志を継いでこれまで事業を展開して参りましたが、就任以来6期連続で増収増益を続け、業界における圧倒的な知名度と、健全な財務指標を実現し、歯科医療業界で確固たる地位を確立する事が出来たと自負しております。

「100年企業」を目指して


これまでの事業進展は、先人から受け継いだケーオーデンタルの大きな成長力の賜物であり、社員一人ひとりの奮闘努力の結果だと感謝しております。とは言え、私は常々、当社を「100年企業」として未来永劫、隆々と存続し続けさせたいと申して来ました。つまり、これから当社の仲間として一緒に働く皆さんが主役となってケーオーデンタルの未来を作って頂きたいという願いです。
少子高齢化や人口減少、IT革命やロジスティクスの革新、一人ひとりの働き方に対する意識改革などさまざまな環境変化が大河のごとく押し寄せて来ています。皆さんがこれから立ち向かう社会とはそうした荒波の大海原なのです。しかし、恐れる事はありません。皆さんには若さと希望という何にも負けない武器があります。私は、そのような若さと希望に満ち溢れた皆さんに新しい時代のケーオーデンタルを託したいと考えております。是非、皆さんには100年企業の主役になっていただきたいと思います。